みなさんこんにちは
成沢です。
いつもお読みくださりありがとうございます。

昨日、ラジオを聴いていたら、なんとアメリカのトイザらスが
破産の手続きの準備をしているというニュースが・・・
(ソースは別所哲也のmorningradioです)

アマゾンやウォルマートとの激しい販売争いに敗れたのでしょうか。

最近

「アマゾンエフェクト(Amazon-Effect)」

という言葉を聞きます。
アマゾンが市場に与える影響について表す言葉です。

物流業界では、ヤマト運輸がアマゾンに値上げを要請したことにより、
様々な物流企業にその影響が波及しています。
このような直接的な影響だけではなく、取引先に目を向けても、
アマゾンの影響を受けることで今後の出荷量や販売傾向に、
大きな影響を受けるところも少なくないことでしょう。

しかしながら、まだ直接の影響を受けていない人も多いと思います。
そんな人は「なんでそんなにアマゾンを注視する必要があるの?」と思われるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

下記をご覧ください。

インターネットの記事からお借りしたウォルマートとアマゾンの比較です。
ウォルマートはご存知の通り全米最大の小売りチェーンです。
売上で見ると2015年時点でアマゾンの5倍近くあります。

 

しかしながらすでにその時価総額はウォルマートを大きく上回っています。
市場はアマゾンを既にウォルマート以上の価値と受け取っているのです。

おそらく、いや間違いなくアマゾンは市場を席巻します。
我々の商売もアマゾンとは距離をおいて考えることができなくなります。
いまからアマゾンの動向を先読みして経営を考えるべきだと思います。