みなさんこんにちは
成沢です。

 

日が短くなってきたことを感じます。
秋ですね。

 

先日、船井総研さんのセミナーでマネーフォワードCEOの辻陽介さんの話を聞きました。
マネーフォワードは個人向の家計簿アプリですが、
同社では個人向けのほかに法人向けの「MFクラウド」や「MF会計」などの
クラウド会計アプリも提供されています。

 

 

辻さんのお話は分かりやすくて大変興味深いものでした。
早速フィンテックについて書籍を何冊か買って読んで知識を深めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知の方も多いとは思いますが、Finetech(フィンテック)とは、
Finance(ファイナンス=金融)とTechnology(テクノロジー=技術)をつなぎ合わせた造語で、
インターネット・コンピューティング・クラウドなどの技術と金融を融合させた新しいサービスのことを総称しています。
現在はフィンテック2.0といわれている段階だそうで、ちなみにフィンテック1.0はATMの普及のことを言うそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

事業を継続していく上ではファイナンスとはかかわらずにはいられないことは当然のことです。

このファイナンスについてフィンテックの技術を活用することによって、

業務を効率化することはもちろん、経営を可視化したり、事業を評価したり、そして将来を予測したり・・・
そのようなことが、これまでより高度なレベルで可能になりました。
しかも驚くほど安価に使える時代になったのです。

 

当社でもどんどんフィンテックを活用していくつもりです。
皆様の会社でもフィンテックぜひ活用してみてください。

物流改善のご相談は、ぜひエスワイ・ロジステックスへ
エスワイってどんな会社?どんなことが出来るの?→こちらから

皆様からのお声をお待ちしております。